「果樹園 中辰」6つの特長


特長①

弊園は小規模の果樹園でございます。そのため栽培管理につきまして、それぞれの作業をゆっくりと丁寧に行っています。


特長②

外観 小箱 化粧箱
外観 小箱 化粧箱

果樹園より直送でお届けしますので、弊園関係者以外の人の手が直接果実に触れることがありません。


特長③

下草の様子です。なるべく“草ボーボー”にしています。
下草の様子です。なるべく“草ボーボー”にしています。

身近な有機質を活用しています。中でも園内の下草については、根元まで刈らずに残しておくようにするなど、できるだけ自然に近いかたちにしています。(下草は土壌水分の保湿効果があり、土壌そのものも元気にしてくれます。)  


特長④

弊園は、雨や雪、また養老山地からの伏流水など水分は自然に任せていますので、「灌水(水やり)」をしておりません。ですので限りある水分が樹や根を強く、たくましくし、甘み・旨みなどが凝縮された果実になります。


特長⑤

摘蕾後2ヶ月 7月の富有柿
摘蕾後2ヶ月 7月の富有柿

弊園では「摘果」をしていません。通常は「摘蕾」時にある程度蕾を間引きし、「摘果」時に見直して数を調整しますが、弊園は「摘蕾」の時に残す蕾の数を決めてしまいますので、あえて「摘果」はしません。生理落下などのリスクはありますが、その効果として、早い時期に残した蕾のみに栄養分が集中するので美味しい果実ができ、さらに大玉果になる確率も高くなります。 


特長⑥

化学合成農薬や化学肥料に関しましては、従来より30%以上削減、必要最小限の量にしております。